会話を始める

エージェントをインストールしたがオフラインとなってしまっている

バックアップクライアントは、TCP ポートを使用してバックアップ管理サーバーおよびバックアップストレージと通信します。
次のTCPポートでの通信が可能かどうかを確認ツールを利用して調べます。

・443
・44445

この画面下部にある添付ファイルの項目から、port_checker_en-us_x86.exe (3.12 MB) をダウンロードします。
port_checker_en-us_x86.exe をコマンドプロンプトから以下の手順で実行します。

1. port_checker_en-us_x86.exe をCドライブ直下に保存します。
2. コマンド プロンプトを開きます。スタート>Windows システム ツール>コマンド プロンプト

3. 開いた画面に以下の内容を入力して、Enter をクリックしてください。
c:\port_checker_en-us_x86.exe -u=ユーザー名 -p=パスワード
※ユーザー名、パスワードの箇所は、お客様の情報に置き換えてください。

例)


4.  ポートが全て通信可能であれば、以下のように全て "Ok" と表示されます。
Check for jp-cloud.acronis.com 443 Ok
        45.254.38.50 Ok
        45.254.38.51 Ok
Check for ams7788-jp-cloud.acronis.com 443 Ok
        45.254.38.52 Ok
Check for baas-st01.jpnsv.net 44445 Ok
        119.82.30.250 Ok
Check for rs-jp-cloud.acronis.com 443 Ok
        45.254.38.50 Ok

特定のポートが通信不可の場合、 "FAILED" と表示されます。お使いのファイアウォールや、ルーター等で通信が制限されていないかご確認ください。
Check for jp-cloud.acronis.com 443 Ok
        45.254.38.50 Ok
        45.254.38.51 Ok
Check for ams7788-jp-cloud.acronis.com 443 Ok
        45.254.38.52 Ok
Check for baas-st01.jpnsv.net 44445 FAILED
        119.82.30.250 FAILED
Check for rs-jp-cloud.acronis.com 443 Ok
        45.254.38.50 Ok

メールアドレス、またはパスワードが正しくない場合は以下のように表示されます。入力にお間違いがないかもう一度ご確認ください。また、ここで使用するアカウント情報はバックアップアカウントを指定してください。
Error 0x640002: The credentials are incorrect. Make sure you use backup account
credentials, not administrator ones.
| line info: 0xe71b9a1528b1baa8
| $module: msp_port_checker_vs_s_48715

port_checker_en-us_x86.zip

  1. 1600 KB
  2. 閲覧する
  3. ダウンロード
ファイルを選択 または、ファイルをドラッグ&ドロップ
役に立ちましたか?
はい
いいえ
  1. Support Team

  2. 投稿済み

コメント